ドクター

たるみ治療で若さの現状維持を図る|たるみ解消クリニック

リフトアップの基礎知識

中年女性

生活習慣にも注意

頬のたるみは皮膚の奥深くにあるコラーゲンが減少することで起こります。これは年を取れば誰にでも見られる現象ですが、生活習慣によって加速することがあるので注意が必要です。頬のたるみを悪化させる原因のひとつは紫外線です。紫外線はコラーゲンを破壊する作用があるため、直射日光を浴びることは大きなリスクになります。また猫背で顎を前に出した姿勢を続けていると、頬に下向きの力が加わり、たるみの原因になると言われています。頬のたるみを防止するには、良質のタンパク質を十分に摂ってコラーゲンを補給することや、背筋を伸ばして正しい姿勢を取ることが重要です。表情筋を積極的に動かして、筋力を鍛えることも頬のたるみ解消に繋がります。

手術で解消するには

頬のたるみは美容整形で解消することもできます。手術の方法にはいろいろあり、それぞれにメリットとデメリットがあります。最も効果がハッキリと分かり長続きするのは、メスを入れてリフトアップする手術です。傷跡を残さないためには、上手なドクターにかかることが重要です。切らずに糸を入れて持ち上げる手術は、傷跡はほとんど分かりませんが、効果はメスを入れた場合ほどではなく、2〜3年で元に戻ってきます。このほかレーザーで皮下組織に刺激を与えたり、ヒアルロン酸を注入したりする施術もあります。手術に比べると効果は限定的で、それほど長持ちしませんが、手軽にできてリスクも費用も少ないため、プチ整形として人気があります。